癒しの一時を過ごすためにキャストに対する心遣いを考えよう。

偏見を持たない

自分に対する偏見を気にする女の子は多い

キャバクラで働く女の子に対しての偏見は、女の子自信が一番気にする部分です。
「どうせキャバクラ嬢だろ」といった偏見は、言葉にしていないとしても女の子は敏感に察知します。

働いている間は「キャバクラ嬢」かもしれませんが、どの女の子もあくまでも仕事として「キャバクラ嬢」をしているのであって、仕事をしていない時は普通の女の子です。
その点を理解してあげると、女の子としても接しやすお客さんと感じて心を開いてくれます。

これは「キャバクラだから」として考えるのではなく、日常生活の中で考えると分かりやすいです。

お店で働く女の子は偏見に敏感です

偏見にとても敏感
自分に対して偏見を持っているなと思う相手とは、コミュニケーションは楽しめません。
でも、分け隔てなく、普通に接してくれる相手との時間は、余計なことを考えずに楽しめます。

先にもお伝えしたように、キャバクラで働いている女の子も普通の女の子です。
言葉の節々や態度の中で「キャバクラ嬢なんて」といった偏見は、何よりも敏感に察知します。
偏見を持たずに、「キャバクラ嬢と楽しむ」ではなく、「ひとりの女の子と楽しむ」といった気持ちで接すると、自然と距離感も近付き、気付けば仲良く会話を楽しめるようになっているはずです。

Back to top