癒しの一時を過ごすためにキャストに対する心遣いを考えよう。

楽しむための心得

楽しむためには相手のことを思いやることが大事

キャバクラで楽しむためには、「女の子任せにしない」ことです。確かにキャバクラは男性側がお金を支払って、キャストの女の子がお客さんを楽しませる場所です。

でも、だからといって「サービスなんだからそっちが楽しませるのが当たり前」というスタンスでは、キャストは楽しくありません。キャバクラという点を抜きに、人と人とがたのしい空間を作るためには双方が思いやることが大切です。

キャバクラで楽しむためには客であることを忘れよう

自分が客であるということを忘れる
キャバクラで楽しむためには、キャバクラであることを忘れて、客としてではなく、一人の人間として楽しむことが大切です。上から目線だったり、「こっちは客だぞ」という姿勢を控え、「一緒に楽しむ」というスタンスを持つことで、キャストの女の子も楽しい気持ちが芽生えてきます。

また、ある程度羽振りの良さを見せることも大切です。
女の子としても、楽しませた際のご褒美があった方が良いのは言うまでもありません。
羽振りが良くて対等に接してくれるお客さんと、上から目線で全然お金を使わないお客さんとでは、女の子の気持ちは全く違います。

その点をよく考え、キャバクラで楽しむためには「客として」ではなく、「一人の人間として」女の子と接してみると良いでしょう。

Back to top