癒しの一時を過ごすためにキャストに対する心遣いを考えよう。

女の子を口説くには

あからさまな口説きは引かれるので注意

キャストの女の子ともっともっと楽しみたい。
そう思うのは男として当然ですし、そう思われるのは女の子としても悪い気はしません。
だからといって、あからさまだと女の子としては困ります。

まず大前提として、キャバクラに足を運ぶ男性にとってはプライベートな時間でも、キャストの女の子にとっては仕事中です。

仕事としてお客さんに接していたら口説かれる。
女性としての自尊心は満たされるかもしれませんが、お客さんだから親切にしているのに、「気配り上手だね」と言われても、「仕事だから」というのが多くの女の子の本音。

そんなキャストの女の子を口説くためには、結局は自然体でいることが大切です。

キャバクラでキャストを口説くために大切なこと

一人の男として見てもらえるように
お金の力にモノを言わせるのも悪い方法ではないかもしれませんけど、それでは女の子としては結局は「お客さん」としての意識は消えません。でも、人間として一緒にいると楽しいとか、紳士的な態度だったりであれば、「少しくらい」という気持ちにもなるんです。

女の子も人間なので、仕事を忘れさせてくれるような相手であれば、楽しんでみたい気持ちも出てくるので、「客だぞ」という姿勢ではなく、あくまでも「一緒に楽しむ」という姿勢、そしてある程度の一途さ。この点が女の子を口説くポイントです。

Back to top